安河内蘭

ふわふわと浮遊する植物や変幻自在に揺らぐ水面からは実体のない不思議な力を感じます。気まぐれに発現する風景は儚い幻のようです。
そのような幻想的な一場面とそこに宿る力を自然の形態を通して表現しようと試みています。

経歴

1993年兵庫県生まれ
2018年東京藝術大学日本画専攻卒業
2020年東京藝術大学大学院美術研究科日本画修士課程修了
2021年公益財団法人吉野石膏美術振興財団「若手日本画家に対する展覧会助成」採択

受賞歴他

2017年第38期国際瀧冨士美術賞特別賞
2018年第4回平成芸術賞受賞
一般財団法人守谷育英会修学奨励賞

主な展示

2019年ろく展(アートスペース羅針盤/東京)
彼方へ(create洛/京都)
2020年東京藝術大学卒業・修了作品展
桜色、桃色、想ひ色(ギャラリー唯/京都)
夢の庭(ギャラリー美の舎/東京)
清澄な心、令和の祈り(The Terminal Kyoto/京都)
干支展(九段耀画廊/東京)
2021年日本画2人展(アートスペース羅針盤/東京)
レスポワール展 個展(銀座スルガ台画廊/東京)
ここから 画像リスト array(0) { } ここまで 画像リスト