モーニングコール 芹澤マルガリータ 岡野敦美 竹本あや 上野比佐子

2021.2.22.Mon 〜 3.6.Sat
11:00 〜 19:00
※最終日は17:00

※2/27(日)は休廊

「モーニングコール」


ひんやりとした空気のなか、春の訪れを待つこの頃、カーテンから差し込む朝の光とともに 鳴る、一本のモーニングコール。深く長い眠りから目を覚まし、闇夜の世界からほんのひと 時でも解放されますように。そのような願いとともに開催する、平面作家4名によるグルー プ展です。
各々「光」や「記憶」について取り組み、絵画のもつその豊かな可能性を探究し、独自のアプローチで知覚に伴う感覚や記憶そのものをうながします。昨今オンライン化が進む日常のなかで、人間としての様々な感性・感覚が呼び覚まされるような視覚体験を提供する、上野比佐子、岡野敦美、芹澤マルガリータ、竹本あや、の作品をぜひご高覧ください。

上野 比佐子

1982年大阪府生まれ
2005年大阪芸術大学 芸術学部映像学科卒業
2007年京都造形芸術大学(現 京都芸術大学) 芸術学部歴史遺産学科卒業

グループ展

2018年「83/99人展」 / ギャラリーQ(東京)
2019年「上野比佐子・兼未希恵 二人展」 / ギャラリー子の星(東京)
「親戚三人展」 / MAG 南森町アートギャラリー(大阪)

2017年夏、絵を描き始めてすぐの頃、作品について知人より「風が砂漠に残した模様のように、自然現象のように美しい」と言われた。その言葉を聞いて、自分が何をしようとしているのか少し分かった気がして嬉しかった。
恐らく、在るのは意味ではなく「衝動」。衝動の結果の「現象」。とても個人的な現象ではあるけれども、いつかどこかで誰かのソレと共鳴するかもしれない。

岡野敦美

1988年愛媛県生まれ
2012年カルフォルニア州立大学ロングビーチ校美術学部 ペインティング・ドローイング学科 卒業

個展

2015年“28 Day Cycle” / (Bermudez Project(ロサンゼルス・ カルフォルニア/アメリカ )

主なグループ展

2012年South California Public Radio (パサデナ・ カルフォルニア/ アメリカ)
Californians / CU Gallery(韓国)
VACANT STOREFRONT / Gallery Exp(ロサンゼルス・カルフォルニア/アメリカ )
The Nature・ Collaboration Show / Max L. Gatov Gallery( ロサンゼルス・カルフォルニア/アメリカ)
2013年REFLECTION 2013 / Gallery Art Point(東京)
2014年SPACELAND II Escape from Spaceland / Bermudez Project (ロサンゼルス・カルフォルニア/ アメリカ)
Creators Factory京都国際映画祭 (京都)
2018年MMM Art(Art Circle・スロベニア共和国)
2019年夏のシンフォニー展 / 中和ギャラリー(東京)
2021年シンフォニー展 / 中和ギャラリー(東京)

葉の影が地面に揺れる様や、水面に反射する陽の光を見ていると、それが自分の中にちらちらと響いてくるような感覚がある。
光とその残像が、知覚されることで沸き起こる感覚は、日々記憶され、色のレイヤーとなって私の中でゆれている。
色のグラデーションは時間のあらわれでもある。
色の移り変わりの中に、自然や生き物や絵画、全てどこかで繋がっていることを感じる。散りばめられたヒントに絵を描くと出会うのである。

芹澤マルガリータ

1982年モスクワ生まれ
2007年京都造形芸術大学 美術工芸学科日本画コース 卒業
2009年京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 日本画領域修士課程修了

個展

2006年個展 / ロシア国立極東大学 博物館(ロシア/ウラジオストック)
2008年個展 / 立体ギャラリー射手座(京都)
2013年「カ ラ フ ル 」 / アートスペース羅針盤(東京)
2016年芹澤マルガリータ展 / アートスペース羅針盤(東京)
2019年個展「Traveling」 / アートスペース羅針盤(東京)

主なグループ展等

2009年Play Art Laboratory the 4th meeting point「Deep into」 / 神奈川県民ホールギャラリー(横浜)
2010年京都アートフェア2010-京都の芸術家たち- / 京都市勧業館みやこめっせ(京都)
2011年羅針盤セレクション2011 Vol.2 注目の女性作家4人展 / アートスペース羅針盤(東京)
2013年ベネトンコレクション imado mundi 展 / Fondazione Querini Stampalia (ベネチア/イタリア)
2014年一期一絵展 (以降毎年)/ 杏林大学病院 院内ギャラリー(東京)
2019年美術新人賞デビュー2019 入選
入選展 / フジヰ画廊(東京)
2020年羅針盤セレクション 6人展 / アートスペース羅針盤(東京)
など、都内を中心に多数参加

景色は感情と記憶を揺り動かす。
私は、貴方は何者だろうか?何処から何処へ向かおうか?
その答えを探るように、懐かしさのある景色を求めて様々な国を巡り、紙の上に少しずつ色を…岩絵具を重ねていく。
旅はずっと続くのでしょう。

竹本 あや

1995年東京生まれ
2018年武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科 卒業

主なグループ展

2016年スクエア・ザ・ダブル vol.10 / フリュウ・ギャラリー(千駄木)
2017年ART POINT Selection l / GALLERY ART Point(銀座)
2018年拝啓、向後の先端より / アートコンプレックス・センター(四谷三丁目)

みえるもの、みているもの、みたいもの。
「みること」にまつわる不確実性をかたちにしています。